gluewineのブログ

HSPなReaです🐈🍷身も心も温まるシナモンが入ったあったかいGlue Wein🍷でほっこりブログ

私たちは妄想を生きている

こんにちは。

 

最近は徐々に調子を取り戻しております。

ゆっくりですが、いい感じだぞと思えます。

勿論心の波、感情の起伏がなくなることはありません。

大事なのはその捉え方です。

どう捉えられるか、それが私の生きる世界を良くも悪くもするわけです。

 

思考は賢いですから、あなたの経験を元に、

あなたを守るため、いろんな思考、映像そして感情をあなたに見せています。

例えば私は、いじめの経験から、女の子が4人以上集まると苦手意識が湧きます。

私はここになじまない、どう反応していいかわからない、

苦手意識、過去の記憶、そこからくる思考やトラウマ、

全てあなたの思考が、あなたを守るために見せている。

 

2年前の私はこれを揺るがない事実だと思っていました。

私が見てる事、感じてる事、考えた事。

でもゆっくりゆっくり、もしかしたら違うのかもしれないと思うようになりました。

それにはかなりの時間が掛かりましたが、簡単に言うと、

私は今いじめられてないんです。それが事実。

どんなに思考が、4人以上は苦手、私はなじめないと思っても、

それでも私は今、いじめられてない。それが事実。

じゃ私は何に不安を抱き、怯えてるんでしょうね。

それは、記憶という思考が見せている、過去の映像に怯えてるんです。

女の子が4人集まって、楽しい時間を過ごすも、不安な時間を過ごすも

 

あなたの思考が、あなたに何を見せるかにかかってる。

 

もしあなたの感情が反応する時に、五感を元に反応するなら、それは事実。

だって五感は今現在のものしか感じる事が出来ないから。

もしあなたの思考を元に反応したのなら、それは事実ではありません。

思考はいつもあなたの記憶、憶測に基づいてる。

事実とは、実際に起こる、存在するもの。

どうしても自分の見てる世界が事実に思えるなら、この二つの事を知ってください。

 

1.見えてる世界は妄想と事実が常に混在してる。

例えば、上履きに画びょうが入ってたとしましょう。

この時の事実は、上履きに画びょうが入ってる、だけです。

そして思考は、誰かが意図的に入れた、いじめられてる。

そういうでしょう。それは妄想です。

誰かが入れるのを見たなら、事実。見てないなら妄想です。

どんなに事実に思える事も、ほとんどは妄想なんです。

勿論いじめであれば、それ以外の事実が根掘り葉掘り出てくるので、

きっとこの妄想は正しいという事になるでしょう。

でも見てる世界は事実と妄想の混在であると思ってください。

2.過去になった事実は妄想である。

過去になった事実は、記憶という妄想になります。

昨日食べた晩御飯をどれほど鮮明に思い出せるでしょうか。

そもそも何を食べたか思い出せるでしょうか。

食べたハンバーグの食感、香り、肉汁。

その時は鮮明だった事実も、過去になると記憶があいまいになります。

でも人はネガティブな経験こそ、鮮明に覚えていると勘違いしています。

いじめられた経験も、昨日の晩御飯も、本当のところはあいまいな記憶。

でもネガティブな経験は何度もあいまいな記憶を思い出して、

思い込んでるストーリを何度もなぞってるから、鮮明に思えるだけ。

 

 

 

この妄想自体、止める事は出来ません。

仏教の修行に成功したら、もしかしたらずっと無でいられるかもしれません。

なので大事なのは、心が反応した時に受け止め方を事実に沿って改める事です。

 

 

思考は自分自身だと思いますか?

私の感覚で言うと、暴れん坊な相棒ですね。

長年連れ添ってますから、自分自身と思っている人がほとんどだと思いますし、

私も2年前まで、そう思っていました。

でも思考はあなたではない。

産まれた時のあなたに不安、恐怖、憂鬱、面倒くさい、そんな感情はなかった。

あなたはただただ嬉しくて、幸せで、愛に溢れてたはずです。

それが本当の自分自身。

色んな事を経験する中で、あなたは自分を守る必要があった。

そして当時相棒はあなたを守るために必死に働いてくれた。

でも今のあなたにも、その相棒が作り上げた思考が必要でしょうか?

私は自分で自分を縛っているものを解きたいんです。

 

自分は妄想の中を生きている意識を持っていると、切り替える事が出来ます。

私は仕事中、常に緊張感や不安があります。

何もミスしてないし、何も問題は起こってないのに。

私の用心深さゆえ、平穏な時間を緊迫する時間に変えてしまってるんですね。

何か問題が起こっていて緊迫するのは正常ですが、

何も起こってないのに、起こるかもしれないと緊迫するのは、

ちょっと心配になっちゃいますよね。

例えば、素敵な森を散歩してるとして、

1人はその自然を存分に味わい、日光を感じて、鳥の声を聞いて、心が満たされる。

1人は出てくるかもしれない動物に怯えて、雨を心配して、緊張した時間になる。

同じ時を過ごしているのに、こんなに違うわけです。

前者は今目の前にある事実を見て、後者は思考が見せる妄想を見る。

 

妄想を生きている、という意味がちょっと分かりましたかね。

私は日々、無意識に不安な世界を生きてしまうので、

それに気付いたら、愛の世界に切り替えるようにしています。

私の不安な世界は、

ミスをしてないだろうか、

私のせいで問題は起こってないだろうか、

私の発言は正しかっただろうか、

私のことを皆どう思ってるだろうか

私の愛の世界は、

私はミスをしても愛されてる。

私のせいで問題が起こっても、私は愛されてる。

私は自由な発言をする権利がある、私は自分を表現する。

皆がどうであれ、私は皆を愛してる。そのことが大事。

 

こんな感じ。

もし悲しい不安な世界を生きているのであれば、

それは事実ではありません。

抜け出して、愛の世界に。

 

Rea🐈🍷

頭の中が騒がしい時

こんにちは。

 

今日は雪が降りました。

桜と雪が共演しております。

 

最近は頭の中がやはり騒がしいので、一つの事に集中するべく、

テレビや音楽は一切つけず、無音で生活しました。

何か動作する時も、ヴィパッサナー瞑想を応用して、

行動の目的である、その一つに集中するよう心掛けました。

 

というのも最近頭の中が騒がしい理由として、

一つの目的を果たす途中で、3,4個気になるものが目に入り、

あっちこっち気が散って、結果4つ同時並行で行うことにより、

頭の中の騒がしさが暴走してるなと思ったからです。

例えば、出てるはさみを片付けよう、と思いはさみを持って動き出します。

すると、散らかってる服が目に入り、あ、これは寝室に、と

はさみと洋服を持ち始めます。

その後レシートが落ちてることに気付き、更に手に取ります。

Youtubeの広告が入り、飛ばしたい気持ちにかられまます。

頭の中が大忙しなんですね。

あれしなきゃこれしなきゃ、あれしたいこれしたい。しかも効率よく。

その結果めっちゃ効率が悪くなるんですけどね。

それに加え4つの事を同時進行して思考が疲労、心のストレスも倍増する。

 

なので私は効率の良さを諦めて、丁寧に、一点集中を優先します。

ヴィパッサナー瞑想では、自分の動きに合わせて、

その動きを細かく口で唱えてくものです。体の動きと思考を一致させる方法です。

それを少し応用して日常に取り入れます。

はさみを戻すそうと思ったら、わき目を振らず、

はさみを戻すまで、はさみを戻す、戻す、戻す、戻すと唱えます。

途中で目に入る服は、唱えてる間は無視。

はさみを戻したら、今度は洋服を持って、

洋服を片す、片す、片す、片す。

ごみを捨てる、捨てる、捨てる。

そしてやっと広告を飛ばす、飛ばす、飛ばす。

洋服を片付けてる間に広告がすでに始まってても、

一点に集中してるので、広告は無視、流れてても気になりません。

私の行動の対象にまだなってないから。

これを効率良く全部やろうと思うと、全部気になって、いらいらして、焦ります。

 

それに、自分の思考が騒がしいと、自分の心に目を配る余裕がないように思います。

自分の心の反応に気付いてあげられない。なぜなら気が散ってるから。

今日は心を救う目的のためでなく、思考をなだめる目的で、

無音の中、一点集中を心がけました。

でもその結果、自分の心の反応に瞬時に気付き、

これは妄想、これは事実、と最近上手く出来てなかった振り分けが、

割と上手に出来たんですね。特に意識することなく。

私の積み重ねてきた学び、トレーニングは、無くなってなかった。

ただ、思考の騒がしさに隠れてしまっていただけなんだなと思い、

少しホッとしました。

 

テレビは良くないとよく親はいいました。

果たして親がどれほどの意味を持ってそれを言っていたのかはわかりませんが、

テレビの見過ぎは本当に良くないと私は思います。

テレビ、Youtube、全てのSNSです。

それらからは沢山の情報が入ってきます。

それはInformationという意味での情報もそうですが、心が反応する何かです。

例えば意地の悪い突っ込みを聞けば、悲しかったり、イラっとします。

悲しいニュースに落ち込んだり、不安になります。

自分のトラウマ的シチュエーションを見ては、過去を回想します。

人の発言に良し悪しを判断します。

綺麗な人を見ては、無意識に比較して自己否定をしたり、

不細工な人をみては、どこかほっとして、今度はそれに罪悪感を覚えたり。

全ての映像、音から、心や思考は常に何かしらの反応をしてる状態です。

心と思考の安らぎを奪われてる状態です。それが続くと、

思考や無意識がざわざわざわざわと騒音を立てるようになり、

気が散って、落ち着きがなくなって、不安になって、地に足がつかなくなる。

 

なので、思考にコントロールされず、思考をコントロールするのです。

そのためにはテレビを見るのも、SNSを使う頻度も、

自分がコントロールする意識が必要です。

なんとなく見てて、思考や心にいい事はありません。

自分の意志で、落ち込んだから面白いテレビをみよう。

癒されたいからかわいい動物の動画を見よう。

そうやって自分で見るもの、自分に入れる情報を選んでいくんです。

娯楽に優位性を与えてはいけません。

娯楽を娯楽にするも、苦にするも、あなた次第。

 

頭が騒がしい、落ち着かないという人は、

無音生活、ヴィパッサナーで一点集中、おすすめです。

 

Rea🐈🍷

過去を断ち切りながら、今という一瞬を生きる

こんにちは。

 

今日はなんと数年放置していた投資先で、臨時収入がありました。

とっても嬉しかったです。

昨日と今日は全然物は違えど、こんなことを改めて考える時となりました。

それは。。。

 

今を点と捉えて生きる事

過去を断ち切りながら生きる事

(それはつまり、事実だけで生きる事とも繋がります)

 

過去の記憶も未来への想像も、全部妄想なんですよね。

昨日食べた晩御飯の味を具体的に思い出せませんよね。

それは記憶で妄想だから。

妄想を持ち続けている限り、後悔や不安からは逃れられない。

それに逃れられないだけでなくて、見えない世界で繋がっちゃってるんですね。

過去に反省した、後悔した出来事、人と繋がっちゃってる。

あなたのエネルギーを送っちゃってる。

過ぎ去った過去の重荷を抱えながら今を生きてる。

未来の不安に繋がっちゃってる。不安に引き寄せられていく。

妄想をしている限り、魂、エネルギーの世界では繋がってしまってる。

 

今というこの一瞬を

過去から発生している今、ではなくて、

未来へと繋がっていく今、ではなくて、

今という一瞬を点で捉えてみてください。

 

私の場合、私の今は、

ソファーに座ってジャズを聴きながら、1人ブログを書いている。

書き始めた自分は過去。書き終えるのも未来の私。

この”今”と打った一瞬が、今の私。

1秒1秒それは全て過去になっていく。

つまり、この一瞬の今というのは、

雨でやる気の出ない一日のほとんどをYoutubeと瞑想に使い、

ふと思い立ってブログを書いている今、ではないんです。

上手くこのブログがまとまってくれるかなどうかな、

というブログを締めるという未来へ繋がる今、ではない。

 

例えば投資もそう。

例えば今は利益が出ている、売ろうか売らまいか。

もしまだ上がるなら売りたくないけど、投資はわかりませんよね。

では売ったとしましょう。そこで利益が出た。

その後まだ上がり続けたとして、あなたは後悔しますか?

後悔するなら、それは過去と繋がって生きてるからです。

過去のその商品を持っていた自分と繋がってるからです。

今を点で生きれば、あなたの利益はもう出た。もう持っていない。以上です。

まだ上がり続けてるなら、買うのか買わないのか、

今目の前にある状況で、また始めるだけです。

過去の自分と繋がってるから、後悔に繋がる。

今を点で生きる=事実だけで生きる

という事にも繋がりますね。

 

今目をつぶって、思い浮かぶ事柄、人がいるでしょうか。

もしいるとしたら、想念の中で繋がっています。

繋がっているとそれは少なからず、あなたの重りになっています。

その事柄、人への何かしらの感情、思いというものが必ずあるからです。

あなたの背中から、その事柄、人へのびる太い糸をイメージして下さい。

あなたは金の大きな斧、もしくははさみを持っています。

あなたがあなたの意志でその太い糸を、ザクっと切り落としてください。

一つずつ、丁寧に、です。さようなら、とちゃんと言いましょう。

家族でも友人でも恋人でも仕事でも、なんでもいいんです。

なんとなく体が軽くなる感じがありませんか。

あなたの背中に繋がっていたものが全部取れた。

今やっとあなたは、あなたという一つの魂になった。

それが今この一瞬という感覚です。本当のあなたはとても軽いんです。

お忘れなきよう。

 

なんとなく糸を切りにくい時は、未来で会いましょうと言って切ってください。

例えば大好きな人。

彼とのデート、メールや電話での甘い記憶、手放したくないですよね。

でもその記憶という妄想は、ゆくゆくあなたの不安を呼び起こすことがあります。

あの時はこうだったのに、なんで?とか。

彼との幸せな時間は彼といる時十分楽しんで、

彼とバイバイしたらそれはもう過去。

ザクっと切りましょう。未来でまた会いましょう。

そしてまたあなたは、あなたの今を楽しめばいい。

 

これは昨日起こったことですが、

この作業をして、体がふわっと軽くなりました。

私は今とその希望溢れる未来しか見えていない、そんな感覚になったんですね。

すると途端に待っていた連絡が来たんです。

え、って思いましたね。

イメージの中でその待っていた事柄との糸もザクっと切り落としました。

途端に受け取ったんです。

手放すからこそ、受け取れるんですね。

 

あなたの溢れるエネルギーを過去に、未来に、人に送らない。

あなたの溢れるエネルギーは今に使われるべきなんです。

 

一つひとつの過去と決別しながら、今を生きていく。

そうすると今という瞬間は点になる。

今が点になるとあなたはとても軽くなるんです。

 

是非試してみてくださいね。

あなたにも素敵な連絡、臨時収入が舞い込みますように。

 

Rea🐈🍷

幸せは比べようがない

こんにちは

 

今日は順調に一日が始まったのですが、

とあることをきっかけに、心がとても乱れました。

というのは同僚が体調不良で早退するという話になった時のこと。

早退なんて問題ない。残った仕事は私たちで引き受ける。

でも私の問題はそこじゃないんです。

 

同僚が早退するといったときに、皆は、問題ないよ、仕事の事は任せてとか、

Take Careとか言葉を投げかけてるんですね。

私はそれに心が乱れるんです。

私は数日前同じように体調不良で早退しました。

その時は全部必死に終わらせてからログオフしましたので、

特にチャットでそういう言葉の掛け合いはありませんでした。

そこで私は感じるのです。昔っからそうなのですが。

どうして私の時はそうしてくれないの????

小さい頃から姉と自分への対応の違いを見ては、いつも怒って泣いてました。

なので、私の中の概念、思考の癖なのでしょう。

蔑ろにされた、私は大切にされてない。

そしてそう思い込んでいる自分を救えてないせいで、

全部仕事終わらせてから早退してよ。

そういう言葉のなれ合い気持ち悪いんだよ。

人によって態度変えちゃってさ。

なんで私の時はしかとこいてるくせに。

そういう風に皆への暴言が心の中で湧き上がってくる。

自分を救えてないから、人に当たるんです。

 

なので私は一度その世界から離れて、瞑想しました。

ステップ1

全ての毒を吐いて、受け入れる。

そう感じるのは当たり前の事、毒吐いていいよ、ムカついていいよ、

悲しくていいよ、私にも優しくしてほしいよって思っていいよ。

湧き出る感情を認めてあげる事で、気持ちは落ち着いてきます。

ステップ2

そうしたら対話をします。

さて、怒りじゃなくて本当の感情はなんだったかな。さみしかった、悲しかった。

なんで私はあの子みたいに人望がないんだろう、上手く人と関係を築けないんだろう。

私は上手く人と関係を築けないという思い込み、そして自己否定に気付きます。

ステップ3

起きた事象の事実を整理します。

同僚が体調不良で早退した。残った仕事をカバーする。以上、

なんですね。その他のドラマチックな展開、例えばこれらの感情、

全部仕事終わらせてから早退してよ。

そういう言葉のなれ合い気持ち悪いんだよ。

人によって態度変えちゃってさ。

なんで私の時はしかとこいてるくせに。

これは全て、私は上手く人と関係を築けないという思い込みからくる妄想。

私の頭の中だけで起こってるドラマ。

 

大事なのは事実と妄想を分けて、事実だけで生きていくこと。

ネガティブな妄想って辛いですよね。それを自分が自発的に引き起こしてる。

やめましょう。だって、妄想なんだから。

それでも私はあの子みたいに上手く人間関係を築けない

という思い込みは手放せてないでしょう。

 

ステップ4

自分を肯定する。

皆各々天からプレゼントされた性格、性質がある。

人間関係を上手に築けないとして、何が悪いんでしょう。

どうして劣等感を感じる必要があるでしょう。

全部の自分を肯定する。

だってそれがあなたなんだから。ありのままのあなたでいいんだから。

神様がそうあなたを作ったんだから。

そのままのあなたで自信を持って生きてればいい。

 

人は劣等感を感じる時こそ、人と比較する傾向にあると思います。

自分が優れている点においては、他の人と比較したりしないと思います。

私は英語が喋れますが、英語を喋れない人と比較してどうとか思いません。

でも、もしかしたら英語に劣等感がある人は、

私と比べて何かを思ってるかもしれない。

そういうものですよね、人間て。

だからいつも人は自分の不幸と人の幸せを比較する。

その人の不幸なんて、自分の幸せなんて目に入らなくなる。

その一点だけを比較して、それが私とその人の全てかのように感じ、

その人に対して、自分は劣等感の塊になる。

 

でもそうでしょうか。

人は得意不得意、幸せと不幸せ、バランスよく持ち合わせてます。

輝いて見えるその人も、必ずどこかで不幸があり、劣等感がある。

結局全体を見れば、皆平等なんです。例えば、

私は人間関係が苦手かもしれない(思い込みかもしれない)

でも私は家族に恵まれたし、皆健在だし、お金にも困ってない。

でもある人は人間関係がとても上手だけど、

家族はお金がなくて、毎月お金を渡したり苦労している。

 

皆平等なんです。

それに誰が人の不幸と自分の幸せを比べたいでしょうか?

そんなことをしないと、自分の幸せが見えないのでしょうか?

幸せは比べようがない。

だから、どんなに幸せそうに見える人も、それ以上の妄想を膨らませず、

幸せそうだな、以上。に留める。

幸せそうだな、なんで私はあーだこーだという妄想をやめる。

そして自分の目の前にある幸せに気付き、感謝出来る人になる。

 

幸せを比べるなんて悲しい事です。

人の不幸と自分の幸せを比較して、罪悪感を抱くように、

自分の不幸と人の幸せを比較して、罪悪感を抱いてください。

私ごめんねって。

幸せを見てあげられなくてごめんねって。

 

今日も空は晴れて、穏やかで安全な一日が過ごせる。

これは幸せじゃなくてなんなのでしょう。

 

Rea🐈🍷

天に委ねるとはこういうこと

こんにちは

 

昨日も今私を縛ってるものは何かなって考えてました。

自分の心とはいつも向き合ってます。

でも思考が異常に活発で邪魔をしてるんですね。

ピンとくる言葉、もやっと引っかかる言葉が今必要な言葉。

あれやこれやと調べてました。

そして見つけました。

 

天に委ねる。

 

私はこれをいつからかすっかり忘れて、必死に頑張ってました。

自分で世界を作ろう。自分で決めよう。

そして自分の手で望み通りの世界をつかみ取ろう。

そんな風に気を張って頑張っていたと思います。

 

でも本当は、私が作り上げるんじゃない、

私は私が願ったものに導かれるんです。

 

心と向き合う中で、

全ては起こるべくして起こってる、とか

人はコントロールできない、とか

起きたことに対する執着を手放すための言葉は掛けていました。

でもその真意を忘れていました。

だからどんなにこういう言葉を自分にかけても、

なんとなくすっきりしない。

なんで頑張らなくていいんだっけ?

全ては起こるべくして起こってる、だからなんなんだっけ?という感じ。

 

私の願いを天は知っている。

だから天に委ねる。頑張る必要はない。

私はただ自分の心と向き合って、自分の好きな自分でいればいい。

 

そして私が人間として頑張って作り上げるものと、

天が私に与えてくれるものを考えた時に、けた違いだろうなと思いました。

私がどんなに頑張っても、イメージで言うなら、

せいぜい都心の素敵なマンションに住めるくらいの幸せ。

でも天が私に与えてくれるものを素直に受け取れるなら、

それはきっと街が見渡せるステキな丘の上のお城くらいの幸せ。

だから人間の私がむしゃらに頑張らなくていい。

人間に出来る事なんて限られてる。

天に委ねて安心してればいいんですね。

 

委ねるという言葉にたどり着いた時、イメージが難しいなって思いました。

じゃあ私は何をどう委ねて、何を行動すればいいの?って。

そんな時、いつもYoutubeで見てる保護猫ちゃんたちを思い出しました。

すぐに人に懐く子、警戒して触らせてくれない子。

委ねるってことは、無条件に信じる事。

そこにいる人間を信じて、委ねる。

警戒心の低い猫ちゃんは、その人に身を委ねて、

抱っこされて、よしよしされて、その気持ちよさを味わえるし、

ブラッシングで綺麗にしてもらえる。おやつだって食べれる。

普段の生活も警戒心ゼロで、マイペースで好きなことをただ心から楽しんでる。

警戒心の強い猫ちゃんは、人の手を警戒して、

なでなでしてあげたくでも出来ない、ブラッシングも出来ない。

おやつも怖くて食べられない。

普段の生活も警戒して、遊ぶことに集中出来ない。

人間が愛をくれてるのに受け取れないし、愛を発信出来ない状態ですよね。

 

言葉が通じればわかってもらえるのに、じれったいですよね。

怖がらずに人間に身を委ねちゃえばいいのに

そしたら沢山幸せをあげられるのにって見てて思いますよね。

 

天も私にそう思ってるんじゃないかなって思ったんです。

直接的に伝えることは出来ないけど、

あなたの願いを叶えるためのメッセージ送ってるよって。

怖がらないで、委ねてくれさえすれば、愛を受け取ってさえくれれば、

あなたはもっともっと幸せになる、愛に溢れるんだよって。

 

天に委ねるという言葉にたどり着いて、

やっと本当に芯から力がじわじわ抜ける感じがありました。

知らぬ間に委ねる事をやめて、頑張って、力が入ってたんですね。

委ねるというベースがあってこそ、

全ては起こるべくして起こってる

ありのままの私でいい

どんな感情も肯定する

どんな私でもいい

こういう言葉たちがスッと心に響くようになりますね。

だって全ては天の計画通りだから。

私が委ねてる限り、それは計画通りなんです。

私が委ねてる限り、導いてくれるんです。

だからこそ、私は今だけを楽しめばいいし、今だけを生きればいい。

天に反して自分で道を切り開いて、頑張って何かを成し遂げようとするから、

未来に不安を抱いて過去を悔やむ必要が出てくるんですね。

 

皆さんも委ねる事のイメージが出来たのではないでしょうか?

警戒心の強い保護猫ちゃんになるのか、

警戒心の低い保護猫ちゃんになるのか、

それはあなたの選択です。

自分にとってはどっちが幸せそうに見えるか。

それだけのことなのです。

 

あるのかないのかわからない天に、委ねてみる。

それは私にとって、今を生きるための鍵。

 

Rea🐈🍷

居場所がないと感じる時

こんにちは。

 

今日は連休最終日。

思考を使うのに疲れ果てたので、ずっと本を読んでました。

やっぱり本は楽しいですね。一日があっという間です。

 

やっぱり自分と向き合うって簡単な事じゃないですね。

前に乗り越えたはずの壁に、また別方向からぶつかる。

別方向だから乗り越え方もピンと来なくて、時間をかけて自分と向き合う。

そして、あ、これだったのか~とやっと気付く。

いかに応用していくか。

 

私は自分を表現してくことを選んで、意見を積極的に述べるようになりました。

それがなりたい私だから。

でもこれまでの人生、意見を言わずに対立を回避していた私には、

ストレスがかかっていたんですね。そして次第に不安が募っていった。

いつも心と向き合ってたつもりだったんですけど、

救えてない自分がいたんだと思います。

次第になんだか気分が晴れない日が続いて、なんだろうなあと思ってました。

 

でも今日やっとわかった気がします。

私は居場所がわからなくなってた。

ここに居ていいのか、私って愛されてるのか。

新しい挑戦をしてるからこそ、

皆はまだ私を愛してくれてるか不安だったんだと思います。

 

私は学生時代いじめに合っていました。

正直思い出される学生時代の記憶はそんなのばかり。

最近その頃の夢を良く見てたんですね。

居心地の悪さ、いじめられる恥ずかしさ、疎外感、惨めさ、

私はここに属していない、私はしかとされる。

そういう感情を夢の中でありありと感じました。

当時感じてたそのままに。

新しい挑戦への私の不安が

次第に潜在意識を当時の私の心境に書き換えて行ったんだと思います。

私はここに居ていいのだろうか。

誰が私の本当の友達、仲間なんだろうか。

私が意見を言うとしかとされるんだろうか。

そんなありありとした恐怖が、私の新しい挑戦の中で潜在意識に蘇った。

だから私はなんだか悶々とした日々を過ごしてたんだと思います。

 

私は自分の経験を否定しません。

あの過去があったからこそ、私は今こうやって自分を大切にすることが出来ている。

そして今乗り越えようとしている。

 

今日私が私のインナーチャイルドに書いた手紙をここにも書いておきます。

 

小さなReaちゃんへ

どうか悲しまないでください。

どうか1人寂しい思いをしないでください。

私はいつもあなたといる。あなたの幸せだけを願ってる。

あなたが心から笑っていてくれるだけで、私は幸せ。

あなたがどんなに悲しくて寂しい時も、皆はあなたを愛してる。

あなたがどんなに愛されてると思えない時も、皆はあなたを愛してる。

あなたがどんなに居場所がないと思える時も、皆はあなたを愛してる。

あなたがどんなに一人に思える時も、皆はあなたを愛してる。

あなたはそこにいていい。

皆あなたにそこにいてほしい。

今いる場所があなたの居場所。そこには皆の愛が詰まってる。

だからあなたも自分を愛する事をやめないで。

 

人って居場所が感じられないと生きられないのかもしれないですね。

ウサギはさみしがり屋で一匹だと死んでしまうというけれど、

それはさみしがり屋なんじゃなくて、居場所がわからないからなんじゃないかな。

私は過去の経験から、自分からその居場所に距離を取ってしまいます。

それは私の記憶がそうさせている。私には居場所がないって思い込んでる。

本当は皆暖かく私を受け入れてくれてるのに、

私が勝手に、私ははぶかれる人間だって妄想してる。

 

改めて、居場所があると感じることは、私にとってとても大事な事だと知りました。

人によっては無意識に感じられている人もいると思います。

でも私は意識していないとうっかり、仲間に入れてもらえない自分に

潜在意識、セルフイメージが戻ってしまう。

 

いつだって私を不自由にするものは、見えないもの。

それは記憶やそこに結びついた感情。つまり、それは妄想。

ネガティブな屈折した記憶、妄想に気付いて浄化して、

新しい幸せな思い込みの中、出来るだけ事実に沿って生きていく。

 

Rea🐈🍷

あなたはいつだって前に進んでます

こんにちは。

 

ヨーロッパはイースターで4連休です。

友達とご飯をしたり、新しい友人が出来たり、

自分と向き合ったりと充実した休みを過ごしています。

友人がいる事、素敵な新しい友達が出来る事、お休みがある事、

自分と向き合えること、全部に感謝。

そして他でもない、その行動を起こして、実現している私に感謝。

私が毎日一生懸命生きている、それだけで感謝。

 

最近は修行中の魂と繋がってた私から、

鬱になる前の通常の人間に戻ったような感覚がずっとありました。

なんだかもやもやして、なんだか不安で。

今までの自分と今の自分を比べて落ち込んだりして。

でも、まいいやって思いました。

一度考えるのはやめようと。

多分修行をしすぎて思考がフル回転なのでしょう。

思考がフル回転の時は勿論不安がセットで付いてきますので。

もういいや、考えるのやーめた。スランプなので、修行休息です。

とりあえず思考をなるべく使わない、無を意識して過ごそうと思います。

 

そんなスランプの中でも今日はすっかり忘れていたことを

思い出させてくれました。

一つ目は、こうなったらいいなじゃなくて、なるとわかってる感覚

二つ目は、視野を広く持つことで、ブロックが外れる事

 

まず、こうなるとわかってる感覚ですが、

何かに不安を抱いてる時って、心が屈折してるんですよね。

まだ見ぬ未来にあーでもないこーでもないと理由をこじつけて、

わざわざ叶う未来を叶わない理由で覆い隠してる状態。

欲しい未来があるなら、ただ素直にその未来を願って信じればいい。

私の願いは叶うってわかってる。

私の欲しいものは手に入るってわかってる。

叶うか叶わないか五分五分なのだから、叶うって信じる方にかければいい。

どうして人間は叶わない方に自ら傾倒するんでしょうね。

恐れなんだと思います。

叶わないのが怖いから、叶わなかった時の心の準備をしてる。

叶わなかった時に、ほらねって思えるから。勿体ないですよね。

最近の私はそうでした。屈折気味。

でも思い出せてよかった。

素直な願いはちゃんと届くから。

不安や恐れよりも、叶った未来を描きましょう。

 

二つ目。視野を広げるって大事だなって改めて思いました。

例えば会社が憂鬱な人、大勢いると思います。

根本は何かプレッシャーを感じてるんだと思います。

いい成績を出さなきゃ、上司に認められなきゃって。

目先の物事に囚われると、心がキュッとする感覚があります。

出来るかな、失敗したらどうしようって、不安が先行します。

多分具体的に色々な失敗やトラブルが想像できてしまうからです。

でも仕事を大枠でとらえてみるとどうでしょう。

働くことで社会に貢献しよう。私の働きで助かってる人がいる。

この場合私は、不安よりも、ふわっとした優しい気持ちが勝つんですね。

そういう気持ちで働けばいいんです。

あなたが居心地がよくなるあり方、考え方を採用していけばいい。

社会に貢献するのに、成績や評価は必要ありません。

あなたが働いてくれる、それだけで社会からすればどれだけ有難い事か。

 

いかがでしたでしょうか。

自分と向き合うって簡単な事じゃないですよね。

初めは自分てなんなのっていう壁にぶち当たるし、自分が多重人格に思えてくるし。

自分の心の声が聞こえるようになっても、解決法がわからないし、

思考が邪魔して心の声が聞こえない時もある。

私も上手くいく時行かない時、波があります。

上手くいかない時はやっぱりがっかりします。

人間ですから当たり前のことです。

でもどんな状況も感情も楽しむように心がけてます。

悲しいという感情がない世界も、きっとさみしいものです。

ヨーロッパの冬は日照時間が少ないので、太陽が出ると感謝します。

南国に住んでいた時は太陽が隠れるのをずっと待ってました。

そういうものです。

大事なのは結果じゃなくて、いつも自分のために自分と向き合ってる事。

私が私と向き合い続けてくれることに私は感謝します。

心と向き合うって終わりなき旅だなって改めて思います。

そしてそれでいいんでしょうね。

私たちは人間ですから、アニメのキャラクターのように

突然次のバージョンに変身は出来ないので。

ゆっくりゆっくり進みましょう。

後退したように思える日も、あなたは前に進んでます。

どんなに上手くいかないように思える日も、あなたは前に進んでます。

悲しくて泣けてくる日も、あなたは前に進んでます。

自分を大切にしている人が、後退する日なんてないんです。

だから安心して前だけを向いてましょう。

 

Rea🐈🍷